ATHLETE

長崎 宏子
HIROKO NAGASAKI

1968年7月27日
秋田県出身

12歳で水泳界に彗星のように登場し、小学生で初の五輪代表(幻のモスクワ五輪)となる。ロス五輪では、平泳ぎ100m6位、200m4位とともに入賞。トップスイマー、そして日本人初の国際オリンピック委員会選手委員としての業績を活かし、水泳教室や講演会で、多くの人々にスポーツの楽しさを伝えている。また、停戦直前のサラエボで子供のためのスポーツ大会を開催するなど、社会貢献にも取り組む。「長崎宏子のベビーアクアティクス」を創設し、0歳からの水泳教室が「子育てスイミング」として盛況。

◇所属(有)ゲンキなアトリエ

PROFILE

1980年モスクワ五輪日本代表(日本不参加)
1984年ロサンゼルス五輪日本代表 平泳ぎ100m 6位 200m 4位
1985年米国留学(7年間)
1988年ソウル五輪日本代表
1995年スポーツコンサルティング会社「ゲンキなアトリエ」の設立に参画。
1998年「長崎宏子のベビーアクアティクス」を創設
2001年秋田県立総合プール名誉館長に就任